読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青春に恋焦がれて。

週刊少年ジャンプ中心に漫画が大好きなオタクです。2015年夏ごろから急にジャニーズJr.にもはまり、現在は二足の草鞋でオタク街道を駆け抜けています。

2015年〜2016年現場まとめ

こんにちは!去年の現場まとめ記事を書きかけて途中で放置していたら年が明けてから約3ヶ月が経過していたあやめです!!

 

今更すぎて恥ずかしいよー!でも貧乏性なので、アップしちゃいます!

 

ちなみに、書いては放置を繰り返してたため、ノリが途中で変わったりしてます。

あと途中メモを見ながら書いたら長くなりすぎてしまったので、基本的にうろ覚えで書いているので事実と異なる部分もあるかと思います。ご了承ください。あまりにも訂正しないとヤバい部分がありましたらこっそり教えていただけると幸いです。

 

 

 

******* 

さてさて年末の恒例イベント、1年の現場振り返りですが、よく考えたら2015年に現場を振り返っていない上にジャニーズの現場は2015年の夏からなので、2015年夏から2016年の約1年半のジャニーズ現場をまとめて振り返っちゃおうと思います!

ただ2016年中にアップする予定が、今紅白も半ばなのでザックリとした感じで進めたいと思います^ ^

 

<2015年> 

1:嵐のワクワク学校(2015/6/28昼)

場所:東京ドーム

出演者:嵐、Hey!Say!JUMP

 

友人に「嵐のワクワク学校、今回Hey!Say!JUMPも出るんだけど来ない?Hey!Say!JUMPは年齢的に興味ない…?」って誘われて「いやHey!Say!JUMPも興味あるよ!行きたい!」って言って連れていってもらいました^ ^

ちなみにその時点でHey!Say!JUMPは、山田くんと知念くんくらいしかちゃんと分かってませんでした…(すみません)。

「忘れちゃえー!」って除夜の鐘をつく伊野尾くんがとても可愛くて、その場で伊野尾くんを覚えました。(名前の響きだけでは「いのう」だと思った) あと改めて松潤の顔が好きだなぁと陰ながら思ったりもしました。

 

2:ガムシャラ!サマーステーション 特別公演 (2015/8/3夜)

場所:EXシアター(六本木)

出演者:Mr.King vs Mr. Prince

 

 前回語ったのでもう言葉は不要ですが、それでもこれだけは言わせて!本当に本当に私にとって特別な、人生を変えるコンサートでした…!私の理想のアイドル像がそこにあった…!!

スタンディング200番以内だったので今のところこれがれんれんを一番近くで見た公演だし、ファンサをもらった(ような気がする)のもあれっきりなので、初回に大変贅沢をしてしまったなぁと改めて感じます。(笑)

 

3:少年倶楽部 収録(2015/9/21)

場所:NHKホール

出演者:SexyZone、ABC-Z、ジャニーズWEST、ジャニーズJr.

 

当時は、これがMr.King vs Mr. Princeという括りで披露する今のところ最後の曲になるとは全く思いませんでした…。

「ハロー春色」はとっても、とっても、可愛かった…!!!ラインダンスみたいなのとか、みんながぴょこぴょこ覆いかぶさってくところとか可愛さの極みすぎない??萌えアニメか???って後から放送見て思った。

現場では3階だったので、れんれんを必死で双眼鏡で覗いてました。(どの曲だったか忘れたけど)踊ってる途中にボタンが外れて留めるれんれんを見れた〜!か、かわいい!細い!あと大好きな「愛は味方さ」のイントロが流れてきて叫んだ〜!嬉しかった♡ あと初めてれんれんのうちわを持てました!嬉しかった♡(今のところれんれんうちわは、この少クラ収と野球大会でしか出番がありません…Jr.コンが楽しみ!)

 

4:関西ジャニーズJr. Xmas Show(2015/12/4夜)

 場所:松竹座(大阪)

出演者:関西ジャニーズJr.

 

友人とこだまで楽しく初遠征!この日はお兄さんグループのクリパで、ロックでカッコ良い雰囲気でした〜。

でも大西畑のコントは相変わらずイチャイチャしててめちゃくちゃ可愛かったです…!大吾くんの「かわいいー!!!」が本気すぎてさすがでした(笑)

 

5:あほやねん!すきやねん!公開収録 内閲覧(2015/12/5)

場所:NHK会館(大阪)

出演者:(ジャニーズは)重岡大毅向井康二大西流星

 

関西でしか放送していない番組なので放送を見たことはないのですが、友人が当ててくれたので閲覧して来ました!一番後ろの列だったので、人の隙間からチラチラ重岡くんたちを見てました。VTR中、重岡くんと康二くんが大西さんに無言でちょっかいかけまくっててすごく微笑ましかったです(*´ω`*)

 

6:関西ジャニーズJr. Xmas Show(2015/12/5昼)

あほすきの外閲覧への挨拶の途中で松竹座に。(この日はクリパがあるので康二くんと大西さんは外閲覧への挨拶はいませんでした)

この日はちびっこ公演だったので、ちびっこJr.がサンタやトナカイの衣装を着てクリスマスソングを歌ってる!めちゃくちゃ可愛い…!こっちのバージョンの方がクリスマス感があって個人的には好みでした。

 

7:ジャニーズ・ワールド(2015/12/22夜)

場所:帝国劇場

出演者:内博貴中島健人佐藤勝利、ABC-Z、ジャニーズJr.

 

友人に何度あらすじを訪ねてもよく理解できなかったジャニワに初めて行きました。なんか、美青年と美少年大集合のサーカス、というかトンチキなんだけど感動する最高のエンターテイメントでした。言葉では言い表せないので、ぜひ皆行ってほしい。でもチケットがなかなか手に入らないからDVD出してほしい。

一番わけがわからなかったのはドラゴンのくだりです。全てがわけわからなかった…会話が成り立たない…哲学…。

ちなみにタイタニックのれんれんは最高です。貧しいけど弟思いの優しいお兄さんなれんれん。(「スターダンサーさ」の声、綺麗すぎません??)弟が下敷きになって助けを求めに行くけど泣き崩れちゃって、泣いてたら分からないだろう!って岩本富豪に怒られるれんれん。そのまま海の藻屑になるれんれん…。またれんれんは死ぬのか…と涙ぐんだのですが(信長のシェフでは森蘭丸役だし、Anotherは入水する弟だし)、 不謹慎ながらめちゃくちゃ私のツボなれんれんでした。

 

〜年が明けました〜

※ちなみに記事を書いてる途中に2017年になりました。ハッピーニューイヤー!

 

<2016年> 

1:WESTコンサート(2016/1/7夜)

場所:横浜アリーナ

出演者:ジャニーズWEST

 

2016年発現場はWESTのツアー!友人の誘いで急遽行くことになり、都内で定時まで仕事をしたあと東京駅から新横浜駅まで新幹線で行ったのも良い思い出(笑)

 うちわも、バナナペンラもない状態だったので浮いてたとは思いますが、純粋に楽しかったです!メディアではノリの良い愉快な曲をやることが多いWESTだけど、カッコ良い系の曲も多いなぁと思いました。

 

2:ジャニーズ・ワールド(2016/1/8夜)

前回と同じく1階下手でしたが、中列だったので紙吹雪を拾えました〜!星型で可愛かった!

双眼鏡でひたすられんれんを覗いていたら、横の方がジェシー担だったようでひたすら視線が交差しました(笑)

1月公演は、12月にあったアドリブがなくなってましたね。残念。東京大空襲のシーンを追加したからですかね。

ちなみに、この日は初めてファンレターを書いてきました。ファンレターの書き方が分からなすぎて気持ち悪くなかったか、など色々気掛かりです(笑)

 

3:ジャニーズ・ワールド(2016/1/23夜)

一週間前くらいにツイッターで、れんれんが茶髪になったと知り、衝撃の中臨んだれんれんお誕生日公演…!!この日は茶髪で前髪をあげてて、藤ヶ谷くんっぽい髪型でした。れんれんが登場した瞬間、動揺していた私はマスクをつけたまま双眼鏡を覗いてしまい、双眼鏡が曇ってさらに焦ったのを覚えています(笑) 特にタイタニックの貧しい少年役は、黒髪の方が似合ってたと思うんだけどなぁ…。

2階だったので、フライングれんれんは上の方に行った瞬間だけぴょこぴょこ見えてそれもそれで可愛かったです〜!

アドリブシーンはないので具体的にれんれんへのお祝いの言葉はありませんでしたが、ノイナなどのときに河合くんがれんれんを前の方に出してくれたり、と言われている雰囲気があって嬉しかったです。

 

4:野球大会(2016/4/13)

場所:東京ドーム

 

公開練習の段階で、重岡くんと戯れるれんれんが可愛くて〜!最初はちょろっとキャッチボールをやってたけど途中で練習を放棄し始めて抱きついたり…可愛すぎかよ。あと自分のメモによると、ズボンの上がり方が左右で違ったみたいです可愛い。

試合は、1回の前半が終わるごとにコンサートが始まるというトンチキ野球大会…!ビックリするわ!www 4回で最終回だし、ジャニーズ帝国ルールの野球でした…さすがすぎる。めちゃくちゃ面白かったです。ぜひまたやってもらいたい。

れんれんは神宮寺と隣同士で(2人は赤組!)微動だにせずベンチを温めてました。かわいい。赤組のベンチが見える一塁側で良かった。サードの岸優太がカッコ良すぎて、私のMVPは岸優太だよ…!!

今回久しぶりにキンプリが揃うのでキンプリで歌うのを期待してたんです。でもOPの歌の時、キング3人で歌っててああやっぱり3人なのか…とちょっとガッカリしてたら、キングが移動し始めてその先を見るとなんとプリンスが…!そのまま6人でサマステを歌い出したときは夢を見てるのかと思いました。・°°・(>_<)・°°・。嬉しすぎて…!東京ドームで歌うキンプリにまた出会えるなんて感無量…またここできっと会えるよ〜〜〜!!

 

5〜7:目指せ!ドリームステージ  舞台挨拶(2015/4/16、2015/5/1)

場所:丸ノ内ピカデリー(有楽町)

出演者:西畑大吾向井康二大西流星浜中文一赤名竜乃介室龍太大橋和也、草間リチャード敬太、中山優馬(4/16のみ)、藤原丈一郎(5/1のみ)

 

4/16(土)14時10分、5/1(日)9時、12時5分の回に参加しました〜!関ジュが関東に来てくれるのは貴重なので嬉しかったです!舞台挨拶は案の定ひたすら龍太くんが弄られてましたね。5/1なんてずっと背中にスタッフのシールを貼られたままで、12時5分の回でやっとネタばらしという…(笑) 

舞台挨拶の前にも映画を観たので、計5回観ました。映画はまさに笑って泣いての青春映画!という感じで、笑えるシーンはめちゃくちゃ面白いけど、アイドルものなのでやはりJr.の境遇と重なるものがあり、胸がギュッとするシーンもたくさんありました…。ドリキャは本当に今の関西を象徴した歌だなぁと思います。

 

 7.5:ジャニーズ銀座 Prince公演 当日券並び(5/14、5/15)

場所:シアタークリエ

出演者:Prince

 f:id:ka130_J:20170109164107j:image

チケットが当たらず、お譲りも無理そうだったので、5/14・5/15昼夜の計4回、当日券並びに参加しました。

もちろん見たかったのですが、倍率的に厳しかったので、入ることよりもPrince公演で当日券列の最高記録を出すことを一番の目的で並びました。(倍率上げちゃってごめんなさい)

結局私も友人も当たりませんでしたが、並んだ人数が歴代1位だったようでちょっと嬉しかったです!

 

8:サマステ KING公演 (7/20昼 初演)

場所:EXシアター(六本木)

出演者:Mr.KING、HiHi Jet

f:id:ka130_J:20170109162110j:imagef:id:ka130_J:20170109162145j:imagef:id:ka130_J:20170109162213j:imagef:id:ka130_J:20170109162512j:imagef:id:ka130_J:20170109162535j:imagef:id:ka130_J:20170109162248j:image 

ついに2年目の夏がやって来た!!サマパスを買って朝からサマステを回りました。(平日の朝なのであまり人はいませんでした笑)私はもちろんれんれんが頼んだものを注文!ドラちゃんともれんれんの自撮りポーズを真似て写真撮影したり、結構浮かれてる人でした(笑)

1年ぶりのコンサートだったので、緊張して始まる瞬間は足が震えました。一番見たかった6人の世界ではなかったけれど、とても楽しかったです。ダイスキデスが大好きだったので、れんれんのソロ曲がエロかっこ良い系になっていて衝撃でしたが、お客さんにキャーキャー言われて投げキッスや腰ふりしてるれんれんも可愛かったので満足♡

チラリズムのかいれんちゃん可愛すぎてしんどい…。

 

9:サマステ KING公演 (7/24昼)

この日初めて同担の方とお話ができて嬉しかった〜!またぜひ同担の方とれんれんについてお話ししたいです٩( 'ω' )و

あと別の友人と会ったので、浮かれてパネルのれんれんとハートを作って写真を撮りました。(写真を見たら、れんれんと比べて自分の横幅や二の腕が太くて凹んだ…痩せたい…)

コンサート中はバルコニーの真下にいたのですが、カイちゃんが覗き込んで手を振ってくれて優しさにほろり…。

 

10:サマステ 海人公演(7/29朝)

場所:EXシアター(六本木)
出演者:髙橋海人、Love-tune、Snowman

 

カイちゃんと、カイちゃんを優しく見守ってくれるお兄ちゃんたちという世界でハッピーでした!カイちゃんのソロは爽やかで可愛くて本当に幸せになれる…去年の「僕のシンデレラ」も好きだったし、今年の「花に想いを」もロマンチックでキュンとしてめちゃくちゃ好きです。

 

11:ANOTHER (8/2夜 初演)

場所:松竹座

出演者:関西ジャニーズJr.

 

初日だったので、パンフを見て皆の役を知ることができ、会場内で驚きを共有できる雰囲気が楽しかったです。

恭平くんが海に沈んでしまう弟役でれんれんポジションだったので、勝手に3年前のれんれんに想いを馳せて涙ぐみました。ここからなんとなく関西では恭平くんに注目するようになりました。あと、島での生活に馴染めず海に沈んで死んでしまう少年って設定が本当に儚くて切なくて美しくて…悲しいけれどすごくツボです。

康二くんは、弟を失って島に残るお兄ちゃん役がすごくピッタリでした。死んだ弟を見たときの康二くんの演技には涙ぐみました。なんだろう、康二くんは悲しくて優しい役が似合うよね…。

あとあと、大吾くんの一人二役は本当に凄かったです…!1回見ただけじゃどう入れ替わってるのか全然分からなかった…。

 どのコンサートも舞台ももっと見たかった!って思いはもちろんありますが、2016年Anotherが私の中で一番もっと見たかった舞台かもしれない。本当に好きな世界でした。

 

12:サマステ KING公演(8/3昼)

私が2015年にキンプリを見た運命の日のチケットが当たるという、なんという運命…。しかも自名義。感慨深い気持ちで行きました。

この日はなんだか若い子が多くて、れんれんが喋るだけでキャーキャー歓声が上がる雰囲気でした。すごい。若くないので若さに圧倒されてしまうのですが、盛り上がりがあるのは良いですね。キャーキャー言われるからかいつも以上に投げキッスしてたような気がします。微笑ましい…。

MCの猪狩さんVSれんれん楽しかったです。猪狩さんのナイスプレーにより、れんれんが甘い言葉を言う回でした!ありがとうございます!廉子さん可愛いよ〜!猪狩くんを床に張り倒してたけど(笑)

 

13:サマパラ 聡マリ公演(8/9昼)

場所:東京ドームシティホール

出演者:松島聡マリウス葉

 

始まる前にちょっとバタバタしまして、気持ちの整理がつかないまま見たのですが、有難いことに2列目でした。震える。(友人ありがとう!)

アルバムを聴いてから好きすぎて好きで好きなだけ👏🏻なSweety Girlから始まり、可愛いの極みでした。MCもほんわか聡マリワールドで可愛いの極み。でもでも、聡ちゃんソロは色気がすごい!エロい!カッコ良い!でギャップがズルい…。マリちゃんのソロは本当宝塚〜!って感じで上品で煌びやかですごく好き。聡マリはすごい。

ちなみに一人挟んだ先の通路を通る聡マリを見た感想としては、二人とも肌がめちゃくちゃ綺麗。震える。天使たちを近くで見ることができ、大変光栄でした…!

 

14:サマステ 廉公演(8/20朝) 

場所:EXシアター(六本木)

出演者:永瀬廉、SixtonesTravis japan

 

この日は、六本木に着いた頃には雷が鳴って土砂降りになり、傘を差してるのに下着までビシャビシャになりつつ、EXシアターに入りました(笑)

ストとトラジャのファンが多いので、キング公演とはまるで客層が異なり、お姉さま方が多い印象でした。そのため、公演中もれんれんソロ曲の客席の反応がいつもとまるで違いました。キング公演ではれんれんが投げキッスをしたり腰を振ったりすると割れんばかりの歓声が上がるけれど、この公演ではわりと静か。(私が真ん中よりも後ろにいたため、前の方ではもっと盛り上がっていたのかもしれませんが)

私は、幸運なことに、というべきか分かりませんが、れんれんがキャーキャー言われている現場しか行ったことがなかったので、この公演は衝撃的でした。思いっきり井の中の蛙で恥ずかしいのですが、れんれんはどこでもキャーキャー言われるほど人気があると思い込んでいた。今回ももちろんれんれんのファンはたくさん来ているけれど、それ以上にストとトラジャのファンがたくさん来ているので、そりゃあれんれんにキャーキャー言わない人がたくさんいますよね。そんな当たり前のことをその場で肌で感じた。言い方は悪いけれど、ちょっとアウェー感を覚えた。でも、当たり前だけど、そんな中でも笑顔で歌って踊るれんれんを見て、ああアイドルって強いなって思いました。これまでも、キンプリでの野球のオールスターゲームの時とか、自分のファンが少ない中でもたくさん歌って踊って来たんだよね…。こっちにできることは声を出すことだけなので、できる限り声を出しました。

 

でもステージでは、ストもトラジャもれんれんを弄りながらも仲良くしてくれて微笑ましかったです。この公演で、今までれんれんが最近仲良くしてるチャラい人という印象しかなかった顕嵐くんが、結構天然さんでマイペースということを知れました!

あと北斗くんと大我くん二人が歌ってる演出どういうことなんですか…お耽美すぎて…古き良きBでLな本の表紙みたいな…。TVで放送しないのは18禁だからでしょうかね、放送待ってます!!

f:id:ka130_J:20170122203657j:imagef:id:ka130_J:20170122223135j:image

 

15:サマステ 廉公演(8/21昼)

この日のMCは楽屋ネタが多くて楽しかったです! れんれんのパンツはヒョウ柄っと_φ(・_・

 (美勇人談)

れんれんの楽屋に北斗くんと顕嵐くんが入り浸り、3人で仲良く楽屋で過ごしているらしくて、新しい3人組の可能性を感じました。色々な子がれんれんと仲良くしてくれて嬉しいです。

 

私の夏最後の現場だったので、終わった後はちょっと感慨深い気持ちになりました。秋は受験でれんれんの現場はないから、次いつ会えるか分からないし、会える保証だってない…。とか考えていた私ですが、写真集の「絶対幸せにするよ」が幸せで幸せで…!!それに、すぐジャニアイの発表もあったので、センチメンタルは1週間もなく過ごせました。ありがとうれんれん!

 

16:少年たち 危機一髪(9/9夜)

場所:日生劇場

出演者:Sixtones、Snowman、マリウス葉

 

『少年たち』初見だったので、事前に友人に過去のDVDを借りて予習しましたー!でも、ストーリーは結構変わってましたね、以前は脱獄がメインだったのに対し、今回は完全に前半で脱獄が終わり、後半は戦争の話でした。一人称が俺で兵士なマリウスは新鮮で、出番は少ないけれど存在感大でした。マリウスの演技を見ることができて良かったなぁ。

それにしても、シャワーシーンからの桶ダンスはさすがジャニーズのトンチキ世界…!という感じでしたね!でも全体的にシリアスなシーンが多い中でここは数少ないコミカルなシーンだったので、楽しかったです。

あと結局何が危機一髪だったのか…と思いましたが、それは神のみぞ知ることなんでしょうね??

 

17〜19:ジャニーズ・フューチャー・ワールド(10/9昼、10/10昼夜)

場所:梅田芸術劇場

出演者:平野紫耀、Prince、関西ジャニーズJr.ほか

 

やって参りました、夢の舞台ジャニーズ・フューチャー・ワールド!!紫耀くんがいて、Princeがいて、関西ジャニーズJr.がいて…まさに私にとってはあと一歩で本当に本当に夢の世界でした…!れんれんとカイちゃんも呼びたい。・°°・(>_<)・°°・。

お笑いランドが毎回楽しすぎました…文一くん独壇場になってたけど、みんな舞台上で笑い転げてて可愛かった。プリンスちゃんと関ジュが仲良くなってる姿が本当に嬉しくて、好きな子たちと好きな子たちが仲良くなるの楽しいですね〜!!

あと紫耀くんは鬼のようにフライングをやらされた後に台詞があったり…本当にすごかった。座長としてのプレッシャーもたくさんあっただろうし、本当に大変だったと思うけれど、素敵な舞台をありがとう。

 

すごく楽しかったんだけど、ああここになぜれんれんがいないんだろう…(※高校生かつ受験生だから)とか考えてしまったので、八尾のアリオ星人レポを見たときはひっくり返りました…!嬉しいー!見たかったー!でもとりあえず嬉しいー!いつか私もれんれんと関ジュの共演を見れますように…!

 

ちなみに次の日は、友人と京都でドリステ聖地巡礼をしました!全部は回れませんでしたが、楽しかったです。狭い範囲で結構回れるのでオススメです!

f:id:ka130_J:20170122234536j:image

 

20:ジャニーズ・オールスターズ・アイランド(12/17昼)

場所:帝国劇場

出演者:内博貴藤ヶ谷太輔玉森裕太佐藤勝利、ジャニーズJr.

 

チケットがとにかく当たらなくて死にそうなところを救ってくれた帝劇枠…しかもいわちの20歳の誕生日…帝劇様本当にありがとうございました!!

ジャニアイはOPのJr.マンションからテンションMAX!!姿も歌声も美しい…!噂通り、とてもキンプリで…本当に本当に嬉しくて、そう、これを去年も見たかったの!!と、めちゃくちゃ思いました。竹フライングは謎だけど、キンプリちゃん共同作業すぎて有難や…。

もう二人についていけない!って言うカイちゃんは見てて辛かったけど、可愛かった。

勝利くんの父の死を告げるシーンはあの熱量を毎回出してるとは…と思うほどの迫力があってすごかった。勝利くんの演技も今後楽しみだなぁと思いました。

 

あと夏ぶりに見るれんれんの顔が美しすぎて、改めて、えっめちゃくちゃ鼻筋通ってる…美しすぎる…かわいい…と永遠と思いながら双眼鏡を覗いていました。タイタニックの永瀬船長も色々な人に絡んでやりたい放題で可愛すぎましたね…!

 

この後、いわち誕を祝っていわち推しの友人とピエール・マルコリーニに。僕の心をのぞきこんだその瞳はチョコレート色(´∂υ∂`) ♡

f:id:ka130_J:20170323195156j:image

 

21:関西ジャニーズJr. クリスマスショー(12/25昼 千秋楽)

場所:松竹座

出演者:関西ジャニーズJr.

 

やっぱり関西のコンサートはみんながそれぞれあっちこっちでボケまくって目が足りないし、とにかく楽しい…!ということを再認識した公演でした。関西は遠征になるから前後の日程が合わず、1公演しか行けないことが多くて悲しいです…もっと見たいなぁ。

おみくじHAPPYで、バンダナを付けてる恭平くんは文化祭の中高生感あってとても好みでした〜!あと赤名くんに絡みに行って無理やり自分がつけていたバンダナを被せる恭平くんが可愛くて、赤名くんと恭平くんの絡みは微笑ましいなぁ、今後も見守りたいなぁと思ったりしてました。

 

公演終わりに、赤名くんが泣いていたというツイートを見て、えっ嘘でしょ??と思うくらい、私は赤名くんの様子には全く気づきませんでした。全体的に肉眼で見ていたから特に表情まで分からなかったしね。

赤名くんは突如現れて、推されるのに充分見合う度胸があって笑いもこなせてスペックが高くて期待の新星だなぁと思ってたので、本当に彗星のような男の子だったなぁ…としみじみと思い返してしまいます。

 Jr.は、本当に本当に儚い存在なので、Jr.担はこの一瞬に命をかけるしかない…と改めて思った次第です。

 

と、最後はちょっと湿っぽくなってしまいましたが、これにて2015年〜2016年現場まとめは終了です。

2017年の現場まとめは適切な時期に公開できるよう頑張りたいなぁと思います。(自信はない) 

 

では、本日3/24からJr.祭り、始まりますね!!行ってきますー!!!

※3/24はチケットはありませんがグッズを買いに行ってきます。

最強で最高の18歳になる君へ

永瀬廉くん、18歳のお誕生日おめでとうございますー!!!!

 f:id:ka130_J:20170123234046j:image

 

※タイトルでお察しの通り、以下、こっぱずかしい語りです。(タイトルが思いつきませんでした)

 

2015年夏、16歳のれんれんに落ちたので、今日は2度目のお誕生日祝いです。

この1年半、ずっとずっとれんれんがこの世で一番好きな男の子でした。

ジャニーズ界を知れば知るほど魅力的な子がたくさんいて、すごく素敵だなぁ、好きだなぁと思う子はたくさんいるのに、れんれんを見た瞬間れんれんしか見えなくなってしまってやっぱりれんれんは私の特別だなぁといつも思います。

 

ちなみに永瀬廉くんは、鼻筋が整った地黒の美形で、身長は175センチでスタイルが良く、歌声は美しく清らか、左利きで転勤族という少女漫画の男の子なの?天は彼に何物を与えたの??という感じの男の子なのに、雑誌の紹介文で「不憫萌え」 と称されるほどなんとなく不憫属性が備わっていて、周りにボケが多すぎるから突っ込みポジションだけど本人も相当天然で、親友になろうぜと約束して携帯を見せ合おうとするなど愛が重めで、関西弁と標準語が入り乱れるお喋りで、庶民派な雰囲気があり、ご両親からきちんと躾けられて愛されて育ったんだなぁと感じる真っ直ぐさと礼儀正しさで、近年は高いアクセサリーをジャラジャラ付けて茶髪にしたことでチャラいチャラいと言われるけれど相変わらず努力家で可愛くてカッコ良い、そんな素敵な男の子です。

 

れんれんは幸いなことにJr.界の中心に据えられることが多いグループ所属なのでたくさん見たり会えたりする機会があるし、Jr.という世界は少年の儚くてキラキラ瞬間を最大限に見せてくれるので辛いけれど好きです。 

それでも、私はやっぱりデビューしてる人たちが羨ましい。れんれんにデビューしてほしい。Mr.King vs Mr.Princeでデビューしてほしい。

多分1番の理由は、もっと世間に永瀬廉という存在を知ってもらいたいからだと思います。れんれんを知ったことで、今より世界が輝き出す人がきっとたくさんいるよ…!!

そして、キンプリで活躍する姿がもっともっと見たい。2015年夏に感じた、ああ理想のアイドルだ、キラキラしてる…って感覚が永遠と消えない。諦めきれないし、諦めたくない。

きっと、デビューしたら、望んでいなかったこと、今よりももやもやすることがきっとある。分かってる。

でも、それを跳ね除けて私たちファンを幸せにしてくれる力が、れんれんには、キンプリにはあるって信じてる。なので、私はこれからもれんれん及びキンプリを応援し続けます…!がんばーれんれん!!

 

冒頭で、れんれんをこの世で一番好きって言った言葉は嘘じゃないし、永遠と一番好きでいたいと思ってます。でも、中学生のとき、永遠とこの人が一番好きだと思うキャラがいたけれど、次第に他のキャラにも惹かれていったときに、ああ永遠なんてないんだなぁと思ったし、私はきっと気移りしてしまうタイプなんだと思った。だから、きっといつかれんれんより好きな子ができるんだろうなぁと、人の担降りブログを見て今から思ってる。でも、今、永遠に好きと思ってる気持ちが一番大事だよね。今を大切にしたい…。

 

わけがわからないことを語ってますが、れんれんのお誕生日が終わってしまうのでこれにて更新します!れんれん、産まれてきてくれてありがとうー!!18歳のれんれんも大好きです!

二次元オタクのジャニーズJr.入門 後編

こんにちは!またまたブログの間が空いてしまいました…しかも書いてない間に一つ歳も取りました。24歳になりました。オタクであることへの後悔は微塵もありませんが、たまにこんな人生で良いのだろうか…と不安になる時があります。
そんな時は永瀬廉くんの笑顔を見ると、この時代に生まれて良かった!!世界に感謝!!って気持ちになれるので、オススメです。宗教だとよく言われます。私もそう思います。
 

今回は、ジャニーズJr.に興味を持ち始めた私が、如何にして永瀬廉くんに落ちたのかについて語りたいと思います。

その前に、この記事を読んでくださっている方の中には、永瀬廉くんとは??という方もいるでしょう。ということで、ジャニーズJr. 永瀬廉くんについて軽く説明します。
 
 

◾︎永瀬 廉(ながせ れん) とは

f:id:ka130_J:20160619000848j:imagef:id:ka130_J:20160619000824j:imagef:id:ka130_J:20160727191849j:image
f:id:ka130_J:20160618235435j:imagef:id:ka130_J:20160619002234j:image 
 
・1999年1月23日生まれ O型 (現在17歳の高3!若い!)
・東京都出身だが、関西弁。(転勤族で東京、北海道、大阪などに住んだ経験があり、去年まで大阪に住んでいたため)
・身長174.5センチで、体重50キロ前半〜半ば(52キロと答えていた後に3キロ太った!という発言があったため)のよう。(細い!)
 
・地黒で気がつくと更に黒くなっている。(2014/12〜2015/1の期間はジャニーズワールドでほぼ毎日帝国劇場にいたのに何故か焦げた。)
 
・周囲に強烈なボケが多いため、最近はグループ内でツッコミ担当をしているが、本人も結構天然。
・努力家だけど、ちょっと不器用で大雑把。不憫属性。(上記の写真でも、手でハートを作ろうとするもハート部分が上手く見えていない…っていう)(ミニゲームでは意気込んで始めるものの大体負けてる)
 
・愛が重いタイプ。(神宮寺勇太と親友になろうという約束をして、自分の携帯を見せたからお前の携帯も見せてや!親友やろ!と言ったというエピソードがある)
 
・甘党で、特にぶどう味のお菓子が好き。トウモロコシは嫌い。(カワイイ!!)
 
・ジャニーズワールドの期間中(1/16)に急に茶髪に染め、ファンを震撼させた。私も動揺した。更に最近はバカ高いアクセサリーをジャラジャラ付けている。チャラい。でも可愛い。
 
・元々関西で活動をしていたが、去年から東京で活動中。去年の夏に、テレ朝夏祭りの特別ユニット「Mr.King vs Mr.Prince」 の一員となった。今年は「Mr.King」の一員として応援サポーターを務める。(グループ云々はわりと複雑なのでザックリと…)
 
もっと色々書くべきことはあるのですが、全然軽くなくなってしまったのでこの辺で…。
でも、れんれんの魅力はこんなものじゃないので!!もっと可愛くてカッコ良いので!この夏はテレ朝にたくさん登場すると思うので是非見てくださいね!!
あ、私はれんれんって呼んでるので、これ以降はれんれん表記にします!

 では、本編スタートです!

 
 
そんなこんなで(前編参照)、興味はあるものの自力で何か行動を起こすほどの熱意はまだなかった私は、Jr.が気になりながらも特に何もせず過ごしてました。
 
そんなある日…というか人生最後の春休みの2015年2月19日、大学からの友人宅でジャニーズJr.の番組の録画を見せてもらうことになりました。

そう、それが永瀬廉くんとの運命の出会い…!(イタリア旅行に行く前日なのにわりと遠い友人宅まで遊びに行ったから我ながら愚かだなと思ったけど本当に行って良かった)

友人宅で友人と友人のお母さんと一緒に、「まいどジャーニー」(BSフジで毎週日曜9時半放送の関西ジャニーズJr.の番組)と「少年倶楽部」(BSのNHKで毎週水曜20時から放送のジャニーズJr.の歌番組)を見せてもらい、「私は紫耀くんが好きなんだけど、あやめは廉くんが好きそう。ツンデレキャラだよ」と友人にれんれんを勧められました。
その時も確かに顔可愛いな、この中では一番好きかも!と思って、スマホにこんなメモは残してました。(以下画像参照) 
f:id:ka130_J:20160709150039j:image
 気になるグループと気になる子をメモったんですね、れんれんの横に✨があるのは一番気になるマークのようです。なぜ✨にしたのかは覚えてないです。
帰り道にもネットでれんれんのプロフィールやら動画などを調べて、可愛いなーと思ってはいたのですが、この時には確実にハマるほどには至りませんでした。
 
 
その後、ジャニーズJr.について興味があるという発言をするたびに、中学からの友人(登場人物の友人は、主に大学で出会った子と中学で出会った子の二人です)からじぐいわの画像が送られてきたり、まいジャニと少クラは見た方が良いと勧められたりしました。
 
ただ、我が家はケーブルテレビの契約のせいでBSは見れるけれど通常の録画機では録画ができないという残念な状況にありました。なので、見るならばリアルタイムに見るしかなかったんですね。
でもジャニーズに今まで興味ありませんって言ってたのに、今更家族が他のテレビを見てるのを押し退けてまでジャニーズの番組を見る勇気がないというか変なプライドが邪魔をしてなかなか出来ませんでした。なので、この頃は数回しか少クラを見てません…勿体無いことをした…その後録画機をわざわざ買ったのですが、それはもう少しあとで述べます。
そしてその頃の私のツイートはこちらです。(以下添付)れんれんの黒さに驚いてるけど、今でもれんれんこんな黒かった!?!?って思うことがあるので、1年経っても慣れないくらいれんれんはすぐ焦げます。
 f:id:ka130_J:20160710120116j:image
 
また、2015年6月5日には、数ヶ月後、私の人生を大きく狂わせる存在となったキンプリ(Mr.King vs Mr.Prince)が結成されました。
その時も友人かられんれんがテレ朝夏祭りのサポーターになるよって連絡をもらって、おー廉くんすごい子なんだなぁくらいに思った気がします。
その頃のジャニーズ誌の表紙もキンプリだったので、友人と本屋に寄ったときに友人に解説してもらいながら雑誌を立ち読みしたりしてました。すごく面白くて、もっと読みたいなという気持ちはありました。
 
 
そして、 録画機の件なのですが、6月の半ば頃からWOWOWテニミュ2ndシーズンが一挙放送することになりました。
近所のTSUTAYAに数巻しか置いてないので、じゃあ放送の期間だけWOWOWに入ったほうが得だな!と思い6〜7月だけWOWOWに入ることにしました。
しかし、一つ問題が。そう、今のままじゃ録画が出来ないんです。母にも協力してもらい、今の録画機でBSも撮れないか問い合わせて調べましたが、やっぱりBS用の録画機を買わなければいけないみたいで…。で、買いました。
社会人になったんでね、そういうお金を使えるようになったよね。この頃はジャニオタじゃなかったので、まだ余裕がありました。今はカッツカツです。
 
それで、7月から晴れてBSの録画ができるようになり、少クラとまいジャニを撮り始めました。(しかし残念なことにダビングは出来ないんですけどね。巻き戻しの反応も遅いポンコツ録画機です。)
これより前かもしれませんが、少クラを見始めた頃に、セクゾやJr.がぶつかっちゃうよ、Hey you!ら辺のメドレーをやってくてすごくすごく可愛かったのを覚えてます。
 
 
そんな風にゆるゆるとジャニーズJr.に興味を持ち始めた私を一気に奈落に突き落とした事件が7月11日(土)に起こりました。そう、土曜日。サタジャニです。(毎週土曜日に日刊スポーツに載るジャニーズ紹介の連載)
その日は、平野 紫耀(ひらの しょう)くんの番でした。(平野紫耀くんとは、まいジャニでもキンプリでもれんれんと一緒のJr.です。なので、私も前から知っていました。)
友人がその記事のツイートをRTしていたので、記事を読んでみたら、まぁ突っ込みどころオンパレードでして…。
「緊張すると下ネタを言いそうになる」「サングラスをかけると落ち着くので、よく見えないけどサングラスをかけて勉強してる」「(カバンの中身を見せるコーナーにて)おばあちゃんのクシが入ってる。なんでやろ」等々、えっ何この子!?!?不思議ちゃん!?って衝撃を受けました。友人にその件を話すと、友人から紫耀くんの天然発言まとめ動画が送られてきました。
 
(何度か添付を試したのですが、モバイルでは再生できませんとでてしまうので、興味のある方はぜひ「紫耀」「天然」で検索してみてください!)
 
これがすごく面白くて…!ジャニーズに興味のない友人に見せた時も爆笑されたので、皆ぜひ見てください〜!!エイプリルフールをエリンギプールと間違えて覚えているような子です。
これが面白すぎるあまり、おすすめ動画に出てくる紫耀くんやれんれんの動画を次々と見てしまいました。紫耀くんが飛び抜けてはいますが、れんれんも大分天然なので愉快な動画がたくさんあります。
 
そんな土曜夜を過ごした私ですが、日曜になってもこの子たちのことをもっと知りたいという気持ちは衰えてませんでした。これは一時の気の迷いかもしれない…と思いながらも、れんれんと紫耀くんが気になる。
実は6月末頃、中学時代からの友人に、キンプリが出るガムシャラの特別公演に行かないか誘いを受けており、8月に有休を取る気満々だった私は軽い気持ちでオッケーしてました。でもまさかこんなに気になる存在になるとは思わなかったよあの時は…。
気持ちが高まってすぐに生で会えたのは本当にラッキーだったなと思います。ジャニーズワールドにwelcomeされる環境が整いすぎてましたね。
 
 
そんなこんなで気になる熱がMAXになった私は、7月末に中学からの友人宅で録画視聴及びジャニーズ誌を読ませてもらうことになりました。
ジャニーズ誌って情報盛りだくさんだから楽しくて…どこかの雑誌に載ってたキンプリの子たちの水族館デート話が全員トンチンカンですごく好きでした!水族館は早足で見て回るからスニーカーで来てねって言うれんれん、彼女にお揃いのストラップを買おうと言われてもマリモをお揃いで買うことをまず勧める紫耀くん…。この子たちはボケばっかりで大丈夫?ツッコミ神宮寺くんしかいなくない?って大丈夫?でもみんな可愛いね!!! 
結局その日は10時間くらいジャニーズ関連のものを見ていた気がします。それでも飽きない。恐ろしい。
 
その前後で、初めてジャニーズショップにも行きました。日曜朝に行ったので混んでおり、焼け死ぬような日差しの中、整理券をもらって並びました。本当に暑かった。
中に入ると、修学旅行の写真を貼り出したような光景が広がっていてビックリ!すごくアナログですね…。(今後もジャニーズ事務所によく感じること) とりあえず、関西ジャニーズJr.コーナーのれんれんの写真を10枚ほど買いました。この後だんだんレシートが伸びていくことになります。キンプリのハワイ写真は全部買ったのでえらいことになりました。
 
 

そして、ついにやってきました、運命の日、8月3日。

2015/8/3の18時からのガムシャラ特別公演に行ってきました。

f:id:ka130_J:20160720072646j:image
ちなみに、席はスタンディング200番台。当時はその番号がどれだけ凄いのか分からなかったけれど、今年のEXシアターは一番良い席は400番台なので、去年がいかに前の方だったか…と痛感します。初めての現場が良席だと気が狂うってみんなに伝えたい。
特別公演が始まるまでテレ朝の展示を見たりかき氷を食べたりしていたのですが、とにかく暑い日だったので暑かったなぁというのが1番の思い出です笑。
f:id:ka130_J:20160720072818j:image f:id:ka130_J:20160720072923j:imagef:id:ka130_J:20160720073042j:image
 
さて、特別公演の時間になりました。開場して、どんどん下に下がっていく段階で緊張感と高揚感が高まっていきます。私は5列目くらいに位置して公演を観ることができました。始まるまでの待ち時間で、ドンドン増していく緊張感…。
前編にも書いたように、キャーキャー言うようなコンサートにはテニミュが初参加だったので、ジャニーズのコンサートしかもスタンディングなんて初めての経験すぎて私はどうしたら良いんだろう…と、期待と不安が入り混じった心境でした。
 
そんな待ち時間を過ごした後、ついにステージが始まります。キンプリの6人は本当にキラキラしていました。テレビで見るときよりももっともっと強い力で圧倒されました。なんでしょうかね、「KING OF PRISM」の方のキンプリの話になるのですが、主人公シンくんが初めてプリズムショーを見たときの感覚に近かったと思います。
正直、歌っている曲は曲名まで分かるものはほとんどありませんでした。デビュー組だったら、せめてCDを借りて予習ができると思いますが、Jr.の場合は色々なグループの歌を歌うのでそれもなかなか難しく、結局私は予習はせずに行ったからです。(デビュー組の曲もあまり知らなかったです)今セトリを見ると、あーあの時愛は味方さもダイスキデスも生で聴いてたんだな、羨ましいなぁ、あの時の私。となるのですが。
 
でも、すごくすごく楽しかった。曲が分からなくても、初心者でも、本当に本当に楽しかった。コンサート中、彼らが歌ってる姿を見ながら、ああ、これが理想のアイドル像だなぁ、みんなキラキラして、そしてデビュー最前線にいるギラギラ感を持ってる10代の6人組ユニットって本当に本当に理想だなぁ…って感じました。今まで特に理想のアイドルについて考えていたわけではないのに、心の内から自然とそんな感情が湧き上がってきました。この感覚を忘れられないから、私はいつまでも8/3、キンプリに囚われ続けているのだろうなぁと思います。
 
そんなキラキラ6人ですが、途中のトークはグダグダでとってもとっても可愛かったです。料理のさしすせそがカイちゃん以外分からず、客席に答えを振るものの誰も上手く聞き取れなかったり、主にトークを回してた神宮寺とれんれんのトークのスピードがとにかく早かったり。彼らのトークを聞いて、普段テレビに出てる人たちは分かりやすく話していてすごいなと思いました。でもその初々しさが私は大好きなんですけどね!
ちなみに以下が、帰り道に記憶を頼りに残したメモです。わけわからないと思いますが、とにかく最高に可愛くて楽しかったです。
特にれんれんが「存在感」が言えなくなって、そんざんかん?そんざっ??ってなる件は、頑張れー!!って心の底から応援したくなる可愛さでした。
f:id:ka130_J:20160720081630j:imagef:id:ka130_J:20160720081634j:image
 
ここまで6人全体の話をしてきましたが、もちろん私の心を1番掴んだのはれんれんだったわけで。
ステージの途中、れんれんが目の前の位置に来て手を振っていたので、こっちも手を振るじゃないですか。そうしたら、私に向かって!手を!振ってくれたんです!(という気がする) れんれんと一瞬目が合った(という気がする)瞬間、心臓がドクッと飛び跳ねた感覚を今でも覚えています。あれはなかなか得難い体験でした。
私の周囲にもたくさんれんれん担はいたので、私じゃなかったかもしれないけれど私だったのかもしれない…という思いを密かに抱いて今を生きてる…。
 
でも、れんれんの一番良い笑顔を見れたのは、BTNの後、ボタンを留めかけている岸くんのシャツのボタンをすれ違いざまに外して(スナップボタンだから簡単に外れる)、オイッ!って抗議の目をする岸くんを見てケラケラ笑ってる瞬間だったので、ああ、れんれんは岸くんが好きなんだなぁ、と謎の敗北感を覚えました(笑)
 そんなれんれんが好きです。
 
 
ということで、生で会ったことでもう戻れないところまで落ちてしまった私は、そのままれんれんとキンプリを追いかけて、追いかけて、今に至ります。
あの時は、8/21のMステでキンプリはデビューするんだと思ってたんだよね…(遠い目)(この辺はまた今度語ります(予定))
 
 
そして実は、本日(7/20)は、サマステ ジャニーズキングダム初日!2度目の夏がやってきました〜!14時半から開演です。緊張してます。
どうしてもこの日に間に合わせたかったので無理矢理後編を終わらせました。色々漏れがあるのであとで追記するかもしれません。
(8/25 内容追加しました) 
 

では、ジャニーズキングダムに行ってきますー!

 

二次元オタクのジャニーズJr.入門 前編


三次元には興味のない二次元オタクとして23年間生きてきた私が、ジャニーズJr.にハマり周囲を驚かせてから早半年…
当初は自分自身でも何が起こってるのか信じられなかったけれど、さすがにもうジャニオタの自分にも慣れ始め、最近は主にジャンプ漫画とジャニーズJr.という2つのJに翻弄されながらの毎日を送っております。

もう日常になってしまったため今更語ることではないのですが、周囲によく聞かれる「なぜジャニーズJr.にハマったのか」について語りたいと思います。
特別な理由があるわけでもないのですが、自分が後で見返してあーそうだったなぁと懐かしむために書きます。

ではまず間接的な要因について、自分で勝手に考察していきます。


理由その① 

少年という存在が好きだから。

この時点でお分かりかと思いますが、私はいわゆるショタコンです。大人になる一歩手前の、線が細く中性的な雰囲気を持つ少年という存在が好きです。見た目によっても差があるのですが、14〜17歳くらいが一番好きかもしれません。
なぜ好きなのかと言われると特に理由はないのですが、少年を見ると胸の奥に何か熱いものが込み上げますね。そう言うとショタコンではない人間には大抵引かれます。強く生きたいです。
元々は、中3のときに地球へ…のアニメでシロエに萌えを感じたのがきっかけでショタコンになり、その後はずっと二次元の美少年に萌えていました。(まるマのヴォルフラム、テガミバチのザジ、種運命のシン、ポーの一族のアランなど…)
三次元の少年にも目を向けるようになったきっかけはその②で語ります。


理由その②

西洋の美少年を見て三次元の垣根を越えられたから。

上記でも触れたように、私は二次元の美少年は好きでしたが、三次元には注目していませんでした。というよりも、私は三次元の人間を認めないことに意固地になっていました。
反抗期ということでしょうか、三次元の人をカッコ良いとか好きとか思ったら負けだと思い、三次元には興味を持たないように中高時代を過ごしました。

少し大人になったのもあり、三次元が少しだけ認められるようになった大学2年生の頃、私は携帯をスマホに替えました。
スマホだとガラケーより画像が保存しやすいんですよね。ツイッターで西洋の美少年画像botを見つけてしまい、気がつくと西洋の美少年画像を集めるようになっていました。
金髪の西洋の美少年は萩尾望都の世界の美少年のようで、現実味がなく本当に美しい存在ですよね。一番二次元に近い存在だったから、私が抵抗なく三次元へ興味を持てたのかなと思います。

その後もちまちまと洋画を観て西洋の美少年鑑賞をしてました。(『ヴェニスに死す』は最高)
ただ西洋の美少年には一点問題があって、成長が早い。洋画を観てこの子可愛いなーと画像を検索すると現在はすっかり顎の割れた青年になってたりするんですよね…。
あとオランダの美少年二人組のバンドも見つけたのですが、言葉が全く分からない…。
西洋の少年は見た目が二次元に最も近くて素敵だけど、その子自身の内面については詳しく分からないので一人一人にハマりはしませんでした。
そんな話をすると、日本の少年にハマれば?ジャニーズJr.は?と友人に言われたことが何度かありました。でもその時は、私は二次元の顔が好きだから、二次元の顔とは違う日本人の顔はあんまりなぁ…とか思っていました。それが数年後こんなことになるとは…人生何が起こるかわかりませんね。


理由その③

うたプリにハマったから。

これも結構な理由だと思います。元々私は少年漫画の男の子が大好きだったので、アイドルにはちょっと軟派なイメージがありました。だからアイドルという存在に惹かれることはあまりありませんでした。
うたプリはアニメをノリで見始めてゲラゲラ笑っていたんですけど、先輩組の存在を知ってしまい、滝壺に落ちるようにはまりました。音ゲーはとても苦手だけど、半泣きで音ゲーパートをやりました。4人中3人がツンデレ属性なんて反則技だよ!ズルいよ!好きだよ!

ここからは余談ですが(というか全てが余談みたいなものだけど)、ジャニーズにハマってみて、私はうたプリのキャラクターをアイドルとして見ていたわけではなくて、たまたまアイドルをしているキャラクターとして見てたんだなぁと気づきました。
三次元のアイドルは100%の素は結局分からないじゃないですか。素だと思っている部分もそうじゃないのかもしれない…。だから、アイドルとしての彼を好きになっていると言えると思います。
うたプリなどの二次元アイドル作品は、大抵主人公が素のアイドルと接するから素の姿を知ってます。だからそのキャラクターの素を好きになってるんだなって。
素が分かるか分からないかが三次元と二次元のアイドルの違いだと思いました。

ともあれ、アイドルという存在に目を向けた要因の1つであることは間違いありません。シャニオタからジャニオタになるとは思わなかったけど。


理由その④

スポーツ漫画の青春に滅法弱くなったから。

中学生からジャンプっ子だった私ですが、中高時代はあまりスポーツ漫画にはハマりませんでした。中高時代にすごく好きになったスポーツ漫画は、アイシールド21くらいですね。あの作品は胸を打たれるシーンや台詞が多くて今でも本当に大切な作品です。
それ以外のスポーツ漫画に対しては、今より涙腺が弱くないのもあり、そこまで感極まる気持ちはありませんでした。

それが大学生になり、急にスポーツ漫画のきらめきに心惹かれるようになりました。理由は分かりません。年齢的なものかもしれないし、世間的にも黒子のバスケ、ハイキュー、弱虫ペダルダイヤのAなどスポーツ漫画が流行し始めたのでちょうど私のツボに入るスポーツ漫画が増えたのかもしれません。
とにかく若い男の子たちが、前を向いて夢を追いかけるキラキラ感、貪欲に上を目指すギラギラ感、どんなに努力をしてもトップはたった1チームという切なく厳しい世界、このチームのメンバーで戦えるのはたった半年〜1年間という儚さ、魅力的なキャラクターたち…それらに心惹かれ、涙を流すようになっていました…。

特にハイキューは、作者の前作が好きだったのもあり、読み切り時から注目していました。読み切りが2回あって連載になったのですが、1回目の読み切りよりも次の読み切り、次の読み切りよりも連載、という風にドンドン面白くなっていき、これはすごい作品が始まった!と思ったものです。
ジャンプ漫画らしく、主人公は身長というコンプレックスはありながらも驚異のジャンプ力やスタミナを持っており、相棒は現状に満足せず上を目指し続ける天才という、やはり才能のある子たちです。しかし2人とも常に進化しようと貪欲に努力しているので、応援したくなる子たちです。
また、何よりも周囲の天才ではない人や一度逃げ出したことがある人たちの描き方がすごく良いと思います。一人一人の台詞が心に響きます。努力しても勝てるわけではない、天才になれるわけではない、という現実のつらさはありますが、温かく前向きになれる作品だと思います。

と、話が長くなりましたが、そういうわけで私はここ何年かずっとスポーツ漫画の青春に涙を流す日々を送っています。
そして、ジャニーズJr.の世界を知った時に、あっこれはスポーツ漫画の世界だ…!と思ったんですよ。若い男の子たちが、貪欲に上を目指してキラキラギラギラしてて、どんなに努力してもデビューできるのは一握り、美しく儚い世界…。(スポーツ漫画よりルールが不明瞭なところが辛いけれど)
Jr.の世界についてはまた後編で語ると思います。


理由その⑤

ジャニオタじゃない友達との間でラブホリ先輩ネタが流行ったから。

何がきっかけだったか忘れましたが、大学3年頃ジャニオタじゃない友人との間でラブホリ先輩が話題になりました。もしかしたら、握手会のレポがツイッターで流れてきたからかもしれません。
そんなわけでアニメしか録画しない私が、2013年夏に放送した伝説の『ラブホリ王子様』をうっかり録画して視聴しました。あまりの居たたまれなさに数話しか見れなかったんですけど、これがきっかけで中島健人はとにかくすごい存在として注目するようになりました。
ネタでコンサートに行ってみたいという気持ちもありました。今は本気でコンサートに行きたいのでネタで行きたいと言っていた当時の自分を殴りたいですけどね。今回のコンサートにはWelcomeしてもらえませんでした!!(泣)
 
でもこの頃はセクゾとキスマイがごっちゃになってて、中島健人がどちらのメンバーなのかさえなかなか覚えられませんでした。
今考えるとセクゾとキスマイは大分イメージが違うのに何故分からなかったんだろうと思うけど、デビューした時期が近かったからだろうなぁと思います。三次元にとても疎い人間でした。


理由その⑥

若手俳優に興味を持つようになったから。

これが一番の理由だと思います。
元々、私はいわゆる2.5次元ミュージカルに興味はありませんでした。もちろん中学時代からテニミュという存在はニコニコなどで知っていました。特に大学生になってたからはテニミュ好きの友人もいたので、DVDを見せてもらい面白いなとは思っていたのですが、二次元好きとしてはやはり二次元のキャラクターを三次元化されるのには抵抗がありました。失礼ながら、二次元のキャラクターを三次元の人が演じたらどうせ劣化するでしょと思っていました。

その価値観を変えてくれたのが、そう、ペダステ…!
友人からペダステのキャストの写真を見せてもらったときはとても驚きました。どうせ劣化するでしょと思っていたのに、私の好きな荒北靖友は三次元化でまさかの美化されている…!!すごい衝撃を受けました。原作では美形というわけではない荒北靖友が、三次元化されたら美形(鈴木拡樹)になっている。キラキラしてる。他の人も綺麗なお顔ばかりで、えっこれなら生で観たい…!という気持ちになりました。ちょうど友人がチケットを取ってくれたので、こうして2014年3月のペダステIH2日目から舞台というものに手を出し始めました。
(※本当の2.5次元舞台観劇デビューは、2014年1月のアムネシアのイッキ編です。)

ペダステをきっかけに、せっかくだし色々舞台に行ってみるか!と知ってる作品の舞台や鈴木拡樹を中心とした気になる若手俳優が出る舞台に足を運ぶようになりました。ちょうど就活中だったんですけど、だからこそ興味持ったことを我慢したくなくて。
その中でも特に後の私に影響を及ぼした作品が『八犬伝』とテニミュです。

八犬伝』 は玉城裕規好きの友人から誘われて観に行きました。玉ちゃんもすごく好みの役でキャーキャー言ってたんですけど(妖艶な女装姿で登場したけど実は野心に満ちた男らしい性格で一度で二度美味しい感じ)、中盤で突然登場した生意気な最年少役の高杉真宙くんに目を奪われました。役も顔も好みだったので、えっこの子気になる…とパンフ(やけに大きくて買うか悩んだけど真宙くんにつられて買った)の出演欄を見ると、ファブリーズのCMという文字が…!実は前からファブリーズのCMを見るたびに、長男の子綺麗!と母親と騒いでいたので、あーこの子だったのか…!とスッキリしました。
それまでテレビに出てる芸能人に注目したことはあまりなかったのですが、真宙くんがテレビの出演者に注目するきっかけになりました。ただ全部逃さず見るというほどのやる気はまだなかったのですが。
今も真宙くんに関してはゆるく追いかけてます。胸キュンスカッとは最高。闇狩人も観に行く予定です!鎧武も早く観るね。(私信)

そしてもう一つがテニミュです。
前述のようにテニミュという存在は以前から知っていたし、DVDも見たことがありました。それでもハマるというほどではなかったのですが、舞台に行き始めた身としてはやはりテニミュは行かなきゃな…!という義務感に駆られ、ちょうどその時やっていた2ndの全国立海戦の東京凱旋公演に、テニミュ初心者の友人と一緒に観に行きました。2ndの集大成が最初のテニミュとはどういうことだよって感じなのですが。
休憩2回のトータル4時間という長丁場でしたが、結果としてとっても楽しかった…!!本編のラストだからストーリーとしても盛り上がるし、純粋にエンタメとして面白かったし、若い男の子たちがキラキラしながら歌って踊るのを見るのが楽しかった!(ジャニオタの片鱗)
後ろの方の席だったのですが、DVDでは感じきれなかったグッと引き込まれる熱量を感じました。これが現場の力だ…。

全国立海戦が楽しすぎて、もっとテニミュに行きたい!11月のドリライにも行きたい!!と欲が出るようになってしまい、初心者なのに図々しいとは思ったのですが2ndテニミュを追い掛けて全国行脚してた友人に頼んでちゃっかりドリライに連れてってもらうことになりました。
ドリライは、友人と、同じく2ndテニミュを追い掛けてた友人の友人と一緒に行ったので、二人が感極まって度々泣き崩れてるのを見て、こんなキャストのことも分からない私が来て良かったのだろうか…とは思いましたが、もうとっても楽しくて…!歌って踊ってる若い男の子にペンラを振るのがあんなに楽しいことなんて知らなかったー!(ペンラを振ったのが人生2回目)ちなみに大体水色を振ってました。\勝つのは氷帝

キャストのファンだったら、テニミュをもっと知っていたら、もっと楽しかったのは間違いありません。でも、テニミュ初心者の私も原作は知ってるから好きなキャラにキャーキャー言えたし本当に楽しかった。またこういうキャーキャー言いながらペンラを振るイベントに行きたいなぁという気持ちが芽生えました。

友達が誘ってくれるならジャニーズのコンサートも行ってみたいという浅はかな気持ちも芽生えました。
チケットなんてそんな簡単に取れるかよ!って今チケットが取れなくて嘆いてる自分がツッコミを入れてるけど、バンドやアイドルなど三次元の人間のファンになったことがなく、ずっとコンサートなどに縁遠く生きてきた自分にとっては劇的な心の変化でした。テニミュってすごいね。
実は、その頃友人がセクゾのファンクラブに入る予定だからチケットが取れたら誘うねと言ってくれていたので密かに楽しみにしていたのですが、セクゾが3人体制になってしまい、友人がファンクラブに入るのを見送ったためコンサートに行くことは叶いませんでした。(今回のコンサートも、ファンクラブに入った私も友人もWelcomeしてもらえなかったので、結局まだ行けてません泣) ファンではない私でさえ3人体制はひどいなぁと思ったし、あのタイミングでセクゾに手を出す気にはあまりなれませんでした。辛そうで…。
セクゾがこのタイミングで3人体制になっていなければ私もデビュー組からジャニオタになるという正規ルートを歩めたのかなぁとも思いますが(笑)、タイミングって大事だから仕方ないね…。

そんなこんなで、2.5次元に手を出し始めた私でしたが、周囲からの「最近舞台にハマってるね」「若手俳優にハマってるね」という声には違和感もありました。確かに舞台やミュージカルの面白さを知って、せっかくだし、逃したら後で後悔しそうだし、と思って舞台に足を運び、実際に観劇して楽しかったのですが、私の中で心の底からハマっているという感覚はなかったからです。
確かに興味のある舞台俳優は何人かいて、気になった原因はやっぱり顔だけどブログを読んで性格も気になったりもしました。でも、本当に舞台俳優のことを好きな友人の「私の払ったお金で美味しいものを食べて欲しい」という発言を聞いた時、やっぱり私はそこまでの境地に至れていない、ファンというほどではない、と思いました。
私が楽しむという側面だけの好きだったというと言い方が悪いけれど、私にとって、要は貢ぎたいと思えるほど熱意を持った相手は三次元には居なかったのです。だから、舞台は楽しんではいたけど、どこか気まずさというか、自分のフィールドではないという意識がありました。

そんな中、運命の出会いが…!!!

というところで、そろそろ前半を終わりたいと思います。というか、終わりたい。なんとなく書き始めたは良いけれど全然終わりが見えなくて、しかもたまにしか続きを書かないせいで書き始めてから3、4ヶ月もかかってしまいました。出だしのノリと後半のノリが違うのはそういうわけです。
また、色や大きさの変え方には今日気付いたので、もっと工夫したかったけど今更何をどう変えていいか分からなくてこんな感じになりました。もっと小慣れたブログを書いてみたいですね。

前半では肝心のジャニーズJr.の話をほとんどしていませんが、後編では私の三次元最推し永瀬廉くん(ジャニーズJr.)に出会った経緯から底なし沼に落ちるまでを書きたいと思います!早めに書けるといいな!

初めまして

初めまして。菖(あやめ)と申します。

久しぶりにまたブログを始めたいと思います。以前ブログを書いていたのですが、Twitterに入り浸るようになってからはついついブログの更新が停滞してしまいました…。
でもダラダラと長く語るのが好きなのでまたブログを書きたくなって、今話題(?)のはてなブログでブログを再開することにしました。

再開した一番の理由は、物心ついた時には漫画が好きでずっとずっと二次元を追いかけてきた私が、今年の夏ジャニーズJr.にハマったという、自分の人生の中では一大ニュースがあったのでそれについて語りたいということです。

ただまだはてなブログの書き方がよく分かってないので、とりあえず初回はこのような短い内容で終わりたいと思います。
まだブログのタイトルの変え方すら分からないし、タイトルを思いついていません。何にしよう…